親ブリーダーさんのお家は 小高い丘の上にあり ポストに手紙を取に行くにも車で行くお家

車は ベンツが2台・・・歩いて 敷地から出るコトができない 豪邸です



玄関で お出迎えしてくれたバーマン達を見た瞬間・・・うわ~ ゴージャス被毛!

スターくんをショーイングする目的で アメリカに渡ったのですが 既に ココで挫折しそう・・・



到着した週末から ショーイングしたのですが 成績はイマイチ・・・

全てを捨てて スターの遺言を信じて 海を渡ったのに・・・スターくん どーゆーコト???

「ボクは ヘブンスター   ヤンキースターの遺言は わかんないニャン」って感じ


2回目のショーイングのベンチング  お隣は 凄すぎて・・・心折れました

アーミッシュっぽいブリーダーさんの ゴージャスなペルシャちゃん

大きいな~ 凄い被毛だわ~ シッカリ筋肉質な体にゴージャス被毛

と感動して見てたら・・・大人猫だとばかり思ってたら な~んと キツン!

スター 一緒の土俵に立ってるワケ?? この凄い猫と?? アカン・・・世界の壁は厚い・・・

このペルシャちゃんは このショーで総合最高得点を挙げたキツン!

この子は 2010-2011 CFA キツン ナショナル ランキング 14位! 

ナショナル ウィナーでした



日本から マイナー猫種バーマン 連れて行ってる 私の隣の席が このショーで最高得点の猫

私に 世界レベルを見せて下さったんでしょうか???  早く日本にお帰り・・・ってか ??

もう このショーで私の渡米の目的は 木端微塵に 吹き飛びました

でも せっかく アメリカでショーイングのチャンス・・・大きなショーでは全米からトップを走ってる猫達が集結

2日目には ゲージにおリボンがかかっているので 探すのは簡単♪

全会場を回って おリボンかかってるオーナーさんに お声かけして トップの猫達 見せて頂きました




スターくんの名誉の為に チョコッと 追記させて頂きます

バーマン ブリーダーのジャッジの皆様からは とても 高く評価して頂きました

バーマンブリーダーのジャッジの皆様 全員 スターを3位以内にファイナルに選んで下さいました





あるショーで スターより 2ヶ月大きなバーマン☆ハミルトンくん と一緒になりました

ハミルトンくんの父猫を見ると・・・Forevermore Tristen’s Shot. DM とあるではありませんか!

スグにブリーダーさんに 「なぜ この猫が父猫なのですか?」 と お聞きすると

「ウリードを辞めたので 親しい人にだけ スタッドサービスしてるのよ」 というお返事



スグに連絡先をお聞きし 連絡すると・・・快諾!OKを頂き エナジー・ムーンのお婿さん 決定!

実は バカルディのお嫁さんをお願いしていたのですが 最初の嫁が カプリス! このレベルの子を!

と 思って下さっていた様で ご連絡頂けないまま ブリーダーを辞められたのです 

スタッド サービスなら あなたにしてあげられるわ♪ という事で 快諾となったのです



Forevermore Tristen’s Shot. DM は バーマン ブリーダーなら 誰でも知ってる名猫!

当時の CFA ベスト スコア バーマンの父猫で バーマンクラブ主催のショーで ベスト キャット 獲得!

この時 Tristen's は16歳でした



エナジームーンのヒートが 3月初旬に来ました

スグに飛行機を予約 翌日 Tristen's の許へ 飛びました

この飛行機代が ビックリする様な価格! アメリカ国内なのに 往復10万超えって あり~???

ココでも ユナイテッド エアラインのフリーフライト 大活躍♪




エナジームーンは この時 既に 3歳を超えていて 初めてのブリード

バーマンは 1歳過ぎにブリードしないと 妊娠しにくくなる・・・と言われていますので 契約書は

もしも 妊娠しなかったら・・・という項目が ズラ~~~~っと並んでいましたが 1回で妊娠




ある日 お買い物から 帰って来ると エナジーは ハネムーン部屋の隅っこで 小さく丸まっていたので

「エナジー こっちに来て もう一回 ブリードして貰って」と言うと トコトコと 中央へ

「トリステン もう1回 ブリードしてあげてくれる?」と話かけると トリステンも棚の上から 中央へ

2匹は スグに ブリードしてくれたのです

これを見ていた Tristen'sのオーナーさんは ビックリ 「こんなのコレまで 見た事ないわ!」と

「我家の猫達は 全員 私の言葉がわかるので いつも こんな感じです」と私



3歳で初めてのブリードのエナジーが アメリカの最高の父猫の1匹である 16歳のTristen's と 

ブリードして頂け 無事 妊娠/出産したコトが SoulmateDoll 6回目の奇跡





ブリードの最終日の翌日 2011年3月11日 日本で大変なコトが起きたのです


2つのランキングに参加しています。
↓本日も1クリックよろしくお願いいたしますm(_ _)m

にほんブログ村 猫ブログへ 






これまで放置状態だったFace Book チョコッと触ってみました

海外のバーマンのオーナーさんと思われる方達に お友達リククエストをしてみたら・・・

な~んと!2時間足らずの間に 40人以上の認承と 海外から お3人のお友達リクエスト!

ホント 簡単に世界に繋がっちゃうんですね   久々に感動~


トップ画面の写真を 桜満開のラファエルくんのお写真にしたのが 良かったのかも♪

アメリカのトップ バーマン ブリーダーさんで 私の事をご存じ無い方は いらっしゃらないと思いますが

改めて 我家のニャンコ達の偉大さを感じました


あなた達 凄いです~~~



ココから FaceBookへ 行けますので 覗いてみて下さいね♪
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  

500rainbowbacardi.jpg



我家の偉大なボス猫 全てのニャンコの父猫 祖父猫 曽祖父猫 CFA GC Double RW Bitaheaven Bacardi


お友達リクエスト お待ちしております~






2つのランキングに参加しています。
↓本日も1クリックよろしくお願いいたしますm(_ _)m

にほんブログ村 猫ブログへ 
翌2011年1月 生後5ヵ月の転生スターくんを 日本最大のキャットショー

リジョン ショーでキツンクラスに出陳

ショー翌日 そのまま 東京 成田から アメリカへ



成田への空港バスには 前日のショーのアメリカ人 ジャッジの方々も乗ってらして ビックリ

そのまま アメリカへ出発のはずが・・・猫の出国書類は完璧!

なのに・・・自分のエスタの番号を取得していないという大失敗!

私以外にも 同じミスをした人が2組3人・・・出発ロビーのネットカフェで頑張ったのですが

他の2組3人は 旅行会社や 海外の友人に取得してもらって ギリギリ出発して行ったのですが

私と2匹の猫達は 日本残留・・・その日 予約していた飛行機に乗れなかったのです 涙

ありとあらゆる手を尽くしエスタを取得!  翌朝 無事 アメリカに旅立ちました



なぜ アメリカ大使館のエスタの画面に入れなかったのか・・・今も謎のままです

無事 アメリカに到着バカルディ&カプリスのお里のキャッテリーの豪邸に滞在

スターをショーイング♪






写真を探していますが みつけられず・・・アメリカへの空港でのお写真 見つけられたらアップします






2つのランキングに参加しています。
↓本日も1クリックよろしくお願いいたしますm(_ _)m

にほんブログ村 猫ブログへ 



メッセージの子猫 ディーバ カイラスは 初めての子猫で甘やかして育てたので わがままプリンセス

バカルディの 初めての子猫を妊娠&出産したのは 1歳になって スグ


ディーバカイラス



母親になっても まだまだ子猫 遊びたい・・・赤ちゃんに母乳をあげると 赤ちゃんの下の世話もそこそこに

「お母さん 後お願いね  ちょっと 遊びに行ってくるから♪」って 兄猫デュークと遊びに行っちゃうんです

人間で言えば10代のヤンママ・・・仕方ないかも・・・と 一生懸命子猫のお世話をしてました

カプリスも そうなんですが 我家の母猫達は 他の猫や人間が 赤ちゃん猫に触っても 警戒しないのです

全員 無事に育ち 新しいお家にお引越ししていきました


毎年 こういう感じだったのですが 2010年 3月 ディーバカイラスは 1匹だけ 子猫を生みました

この年は 最悪の年でした

6月 最年長猫アムルが9歳にして 初めてバカルディの子猫を妊娠 年齢が年齢なので大事をとって

帝王切開で出産したのですが 3頭全員死亡

同月 カプリスが5匹の子猫を早朝出産 夕方 哺乳の後 全頭が ニャーみゃー と鳴き叫びながら

突然死  1匹だけ残っていた子も 翌朝死亡



もう ブリード無理・・・と 本当に 凹みましたが ディーバ カイラスの可愛い子猫が癒してくれたのです

「もう1回 子猫生んでくれる?」と聞くと「ウン いいよ」って お返事してくれたので 普通はしないのですが

スグにブリードし 妊娠してくれたのです



8匹の子猫 全てを亡くしたショックは大きかったので 妊娠中のディーバ カイラスは いつも私の傍に

8月に入り いつ生まれていいように 準備万端整えて その日を待っていました


明け方 寝ている私の耳元で 猫の荒い息使いが聞こえ 飛び起きると 出産の兆し・・・

それから 数分の後 仮死状態の子猫が生まれて来ました・・・また 亡くなったら もう立ち直れない・・・

スグに母が手伝いに来てくれて 仮死状態の子猫は 母の手の中で温められましたが 動かないまま・・・

30分も経った頃でしょうか・・・母猫の出産の後始末も終わり 落ち着いたと同じ頃 母の手の中で子猫が

動き始めたのです

それを見た 母猫ディーバ カイラスは 子猫をくわえて 自分のベッドの中に連れて行きました

母猫が世話をし始めたら 一安心です




ヘブンスター子猫1





ヤンキースターは ニューヨーク州で 8月14日に生まれました   時差を考えると 日本時間 8月15日

この日は 私の初めてのバーマン ヤンキースターのお誕生日と同じ日 8月15日なのです

ヤンキースター 転生の瞬間でした




この子猫 生後1週間で 四肢に綺麗なソックスが出てきたのです

通常 1ヶ月経って ようやく判別できるって感じなのですが こんなに早く判明したコトも驚きでした

ヤンキースターにちなんで ヘブン スター (Heaven Star) と命名  呼び名は スター♪

そうるめいと どーる    5回目の奇跡!  最大の奇跡です!


ヘブンスター




ヤンキースターの遺言を叶えるため この子が生後5ヵ月の時 一緒に海を渡り アメリカに行ったのです

その時 一緒に海を渡ったのが エナジー・ムーン    ラファエルの祖母猫です



ランキングに参加しています。
↓本日も1クリックよろしくお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村 猫ブログへ







CFA 2014-2015シーズンが終わりました

我道を行くラファエルくんは の~んびり グダグダ マイペースですが 彼なりに頑張ってくれました


2014-15 キツンRW ラファエル


キツン クラスで リージョナル ウィナーになりました!

ジャパン リジョン 14位    バーマン キツン 世界ランキング 5位      

次は グランド!  頑張ってね ラファエル




今は 子猫のお世話をして お家での~んびりしています

子猫が生まれたら 嫉妬して 性格悪くなったら どーしよー・・・と キツンが終わった時から

「子猫生まれたら 遊んであげてね お兄ちゃんだからね」と 言い聞かせていたのです

生まれた時から 赤ちゃん猫を覗きに行って 頭をペロペロって舐めてあげて お世話する気満々 



「まだ早いよ~ 歩けるようになってからね」と言うと 赤ちゃん猫のお部屋から出て行くのです

今は 走れるようになった子猫達を遊んであげてる ファラエルくん なかなかのイクメンぶりです





もう1つお知らせです~



500500carriage_pea1



↑ クリックで ご紹介ページをご覧いただけます






2つのランキングに参加しています。
↓本日も1クリックよろしくお願いいたしますm(_ _)m

にほんブログ村 猫ブログへ