FC2ブログ
9月11日 グラウンド ゼロ 

最初のバーマン☆ヤンキースターが 我家に来るきっかけになったのは グラウンド ゼロ

私の青春をかけた お人形制作を辞める方向に傾いたのも この日

大阪で DAGドールスクール 資格取得カリキュラム&テストを受けて 夜 車で帰宅途中

ラジオのニュースで 何か凄いコトがアメリカで起きたらしいけど 電波が悪く 聞き取れず・・・

帰宅後 テレビを見て 唖然 ・・・ 悩みつつ資格取得を始めた時だったので コレは辞めろという天啓かも!

と感じて この日から 人形制作に パッションわかなくなったのは事実





バーマン専門キャッテリー そうるめいと どーるは 1匹のバーマンとの出会いから始まりました
最初のバーマン スターと初めて会ったのは 2002年6月 ニューヨーク州の彼のキャッテリーでした

6月21-22日にNY州で ドールコンベンションがあったのです
良いお人形が出来ず 1度は参加をキャンセルしたのですが 某旅行情報雑誌で見つけてしまったのです
『6月20・21日出発限定NY4万円!』 これはもう 行くしかないでしょう!って感じで 即 旅行会社に電話
いくら安くても安全な航空会社じゃないと・・・『AIR CANADA指定』で キャンセル待ちをしたのが 6月15日 
出発迄1週間を切っていました

私は『スター アライアンス グループ』の『ユナイテッド エア ラインの特別会員』だったので 優遇される
可能性があるというコトでしたが往路 復路とも キャンセル待ちは難しいというコトで復路は空いていた
25日に予約を入れました

旅行会社からは 『とても難しいです』と言われていたのですが 
『もしかして 取れたら・・・向こうで2日間 時間が出来てしまう バーマンのキャッテリーでも訪ねるか』と
軽い気持ちで NY州のキャッテリーに連絡をとったのです

『バーマンを見てみたい』というのが目的で 買って来るつもりは無かったのです 実は
『来てもいいですよ』と返事をくれたのがスターのキャッテリーだったのです
奇跡的に席が取れ NYに行くことになったのです!!!  旅行会社の人も『ラッキーでしたね』と ビックリして
いたみたいでした

スターのブリーダー Ms.Tippiに NYについてから連絡を取りました
滞在している所に帰って来たかったのですが 1日で往復するには余りに遠い・・・
『あなたの家の近くにB&Bは ありませんか?』と聞くと 『家に泊まっていいですよ』という返事!
見も知らない日本人を家に泊めてくれるって? 私 猫 買わないといけなくなるんじゃないの? と戸惑う私に
『あなたとは何度もやり取りしているし 家族は居ないのでいいですよ』という御言葉に甘えるコトにしました

バス停迄 車で迎えに来てもらって お家に着きました
彼女の家に入ると・・・バーマンが もう 部屋中に居るのです!
『おお 夢にまで見たバーマンがテンコ盛り状態!』 でも 私の好きなカラーはブルーポイント と リンクス

彼女は『譲れる猫が1匹居ます シールポイントの10ヶ月の雄で 今 グランドポイント126ポイントで 必ず
グランドになりますよ』と 早速 私に その猫を見せてくれたのです この子がスターだったのです!
彼は もう1匹の10ヶ月のシールポイントの雄”CC”と一緒に ハンモックの上で 気持ち良さそうに寝転
がっていました
『なんか 神秘的すぎて怖い・・・』というのが 最初に見た印象でした
泊めて頂くのに 今 ハッキリ断らないと 1番中勧められたら困る と思った私は
『シールポイントに興味ありません』と キッパリ 断ったのです 今思えば 何て失礼な私・・・
でも そんな私に Ms.Tippiは変わることなく やさしく接してくれ 1晩中 バーマンについて いろんなコト
を教えてくださったのです

PM11時を過ぎた頃 私の横を1匹のシールポイントの雌が横切ったのです・・・
『綺麗!』と初めて思ったのです
で Ms.Tippiに『この子は チャンピオンですか?』と聞くと 『いいえ この子はグランドよ』という答え!
『シールポイントも悪くない』 と 初めて思ったのです!
この日はベッドに入ったのはAM12時過ぎでした

1晩 泊めて頂いて 翌日午後 NYに着いた後 ニューヨーク市の同時多発テロで崩壊した
ツインタワーの跡地 グランドゼロを訪れました
なぜか 行かなければいけない!と思ったのです そこで 私の心の中には1人の女性のコトばかり
浮かんで来るのです
最上階の早朝会議に出席していて亡くなった27歳の徳島出身の女性のコトばかりが・・・です
その時 両親が徳島県出身で早朝会議でツインタワーの最上階でテロに遭遇し 亡くなった27才の女性
のコトばかり ずっと 心に浮かんでくるのです
彼女に対して 特別な思い入れも無く ご自身が徳島県出身で亡くなった方もいらっしゃるのに なぜ 
この女性が心に浮かんでるのか わからなかったのですが・・・  

26日に帰国して スグの28日 義理の伯父が亡くなりました
伯父のお葬式に 伯父の姪御さんがいらしていて(私は伯母の姪) お話を聞いて 全てが繋がりました
伯父の姪御さんの旦那様の姉妹のお孫さんが同時多発テロで亡くなったコトを知ったのです
このお孫さんが グランドゼロを訪れた時 ずっと 心の中に浮かんできた 女性 その人だったのです
帰国子女で バーバード大学を卒業後 野村総研に入社したという才媛だったそうで 丁度 
私がニューヨーク行を決めた頃 滞在してたホテルのお部屋のブラシに残っていた毛髪からのDNA鑑定で
遺骨の大腿骨の一部が見つかったのだそうです


こんなコトがあって 帰国後10日後に Ms.Tippiにお礼メールを出したところ 『あの子は 先週末のショー
でグランドになりました!』という返事が!
私が 訪ねた週末に 一気にグランドになったのです!
CCを追い越して!! 猫界で言うところの『化けた』のです!

『確かな良い猫が欲しい』と思っていた 私の希望にピッタリ合ったのです!


その時「ああ この子しか居ない この子だ」と感じ 「スターを譲って下さい」と 初めてお願いしたのです
それから カリフォルニアのスターの父猫のブリーダーさん ニューヨークの母猫のブリーダーさんの了承
を得るまで 約1ヶ月の交渉
彼女は OKなのですが スターの父猫のオーナーのOKが なかなか出ません
もう 最後のお願い!とばかりに 同時多発テロの話をし 『どうしてもこの子が欲しい』 と伝えたところ 
即 OKが出たのです!
「ショーイングして リージョナルウィナーにするコト」を条件に お譲りして頂くコトになりました
それまで 道で拾った猫しか飼ったコトのなかった私 ショーイングって?? キャットショーって?? 
「出来るかどうか わかりませんが ベストを尽くします」とお答えし 2002年9月 日本に来日しました





私は スターがどんな血統だとか どんな両親から生まれたとか 一切 知らなかったのです
『グランドだったら いいか・・・』というのが 私の基準だったのです!

それが 最初のショーで 6リング中5リング ファイナルに入り
高野八重子ジャッジから『BEST CAT』を頂いて USAに報告したトコロ・・・

彼の母猫は 最後のショーに体調不良で出陳出来なかったのだとか・・・それでリジョン26位!
しかも Best Birman Seal Point Female North America Champin だったのです!
父猫は 何頭もリージョナルウィナーを出している猫だとか・・・
(注:リージョナルウィナーとはCFAで分けている各地区で全猫種で上位25位以内に入った猫)
どうりで アメリカ大陸横断して交配した猫な訳だ・・・
なかなか 譲ってくれなかった理由がわかりました・・・

それでも まだ ショーに出し続けるかどうか 考えていました 『経済的な理由から』です
友人や親戚が泊めてくれるので宿泊先は心配ありませんが 問題は交通費・・・
12月 ユナイテッド エアラインの破綻が決定的になりました
おまけにANAの徳島<=>羽田が4月末で無くなるコトが決定
2002-2003のショーシーズンも4月末迄!
『今迄貯めてきたマイルが無駄になるかも・・・よ~し スターに使っちゃえ!』と東京行きを決心したのです

その後のスターは すんばらしい活躍でした!
3月4月は全ショーに出陳し 8週間連続のハードスケジュールでしたが頑張ってくれました

2月 スターの母方の祖母は DMになりました!
バーマンでDM! 素晴らしい猫です!
(注:DMとは5匹CFAグランドチャンピオンを生んだ母猫に与えられる称号)

こんな素晴らしい血統の猫を初心者の私に譲って下さったMs.Tippi Ms.Gailに感謝です

CFAバーマン 世界ランキング 4位
CFAバーマン シールポイント 世界ランキング 2位

スターは 日本初 CFA リージョナル ウィナー バーマンになりました!

オーナーの政治力も大きな影響力を持つ キャットショー界で 
キャットショー未経験の初心者オーナーを持ちながら
実質 3ヶ月のショーイングで 日本初リージョナルウィナーバーマン 世界ランキング4位

こんな猫は もう2度と出ないコトでしょう
改めて スターの偉大さを感じています

それから間もない 8月2日 父の命日と同じ日 スターはお星さまになってしまいました
亡くなったスターの亡骸の側で泣いていると
「ココの子になって生まれ変わって来るから ブリードを続けて」とずっと 伝えてくるのです
約2か月 突然 涙があふれ感情をコントロールできない状態が続きましたが 
インドの呼吸法のセミナーに参加 悲しみを受け入れるコトができました



そして その年2003年の世界と日本の猫カタログに スターは とても大きく掲載して頂いたのです


ブリーディングを続けたのは スターの遺言を 転生を信じたから!
【ボク ココの子になって幸せだったよ 今度はココの子になって 生まれ変わって来るから 
ブリード続けて】と!(私には 少し特殊な能力があり 亡くなってスグの時に 何度もその方の声を聞き
 ご遺族にメッセージをお伝えしています)
転生スターの為に ステキなご先祖さま猫を!と 2005年6月 2年かけてバカルディを迎え 
翌2006年6月 カプリスを迎えました

2005年3月 スマトラ大地震で被害を受けたスリランカの南部の貧しい小学校に 
図書館【スター ライブラリー】を寄贈
この時 インドを訪ね ノーベル平和賞受賞されたマハトマ・ガンジー氏 第3弟子の哲学者の許に 
主にフランス人が集まってできたコミュニティ
自然農法を実践しているシュリ オーロビンド アシュラムで 天然香料のお香&アロマ オウロシカ社と
お取引をして頂けるコトになりました

同2005年年8月 チベット聖山カイラスに巡礼 マハトマ・ガンジー氏の遺灰を散骨したマナサロワール湖で
愛と平和のエネルギーをチャージした 初めてのサンキャッチャーを制作
世界中の大統領 首相にお贈りお贈りし フランス シラク首相 カナダ マーティン首相夫人 
スペイン サパテーロ首相から 御礼状を頂きました

これが 現在のお仕事に繋がっていますが 実は 上記2つの旅は どちらも我家のバーマンがきっかけ
バーマン猫は いつも私の人生の方向を示し 導き 守ってくれる 大切な存在なのです

2010年8月 ヤンキースターと同じお誕生日に スターと同じ様に 綺麗なソックスを履いた子猫が誕生!
スターが我家に転生して来てくれた!と感じました



この子をショーイングしたい!と アメリカに渡りました
2011年1月~4月 転生スターとUSA滞在中に 日本を襲った大きな震災
これがきっかけで 前世スターのブリーダーさんから連絡を頂き 世界ランキング1位の スターのお里の
シールポイントの♂を グッドニュースを新しいスタッドとして我家にお迎えすることができました

翌年2012年12月 グッドニュースは お星さまになってしまいました
グッドニュースが 我家に来た時 [SoulmateDoll伝説 完結!]と 思ったのですが・・・
この子も 我家に転生して来てくれますように・・・転生してくるのを待ってるよ グッドニュース!


スターと一緒にアメリカに渡った エナジームーンは CFA歴代ベストスコア バーマンのDM父猫と 
ブリードして頂くチャンスに恵まれ 2012年初夏 日本で子猫誕生
シールポイントの男の子 INTHIWATANA インティ  ブルーポイントの女の子 IO イオ  
残念ながら 2匹とも 抜げかけた白いソックス・・・ショータイプではありませんでしたが
インティくんは 2013年版 日本と世界の猫カタログ バーマンページに大きく載せて頂きました



☆☆☆~ 掲載して頂いたお写真の原画   CH SOULMATEDOLL INTHIWATANA



帰国後の2012-2013 ショーシーズン 3歳で里子に出したフィフィーくんを オーナーさんがショーイング
して下さり グランンド プレミア RW
CFA 2nd BEST OF BREED PREMIER  バーマン プレミア クラス バーマン 世界2位 に






翌2013-2014 ショーシーズン フィフィくんのリッターメイト クリンちゃんも オーナーさんが
ショーイングして下さり グランンド プレミア RW
母猫カプリスは 5匹のグランドを輩出 DMのタイトルを頂きました






2014年4月 数年前より計画していた フランスのモン・サン・ミシェルに巡礼に行き 
大天使ミカエルさまのエネルギーをチャージした 愛と聖戦のサンキャッチャーを制作
再度 世界中の大統領 首相にお贈りお贈り イギリス キャメロン首相 
スペイン マリアーノ・ラホイ・ブレイ首相 カナダ スティーヴン・ハーパー首相から 御礼状を頂きました
2017年5月 カナダ トルドー首相から 御礼状を頂きました

旅行の前月 スターと一緒にアメリカに渡り 16歳の偉大な♂猫トリステンとブリードし
2匹の子猫を生んでくれた エナジーが亡くなりました
悲しみに沈んでいた 2014年6月 エナジーとトリステンの娘イオちゃんが パーフェクトマーキングの
子猫を2匹生んでくれました   
その1匹 ラファエルをキツン クラスでショーイング
2014-2015 season CFA JAPAN Region Kitten Class 14th BEST CAT  ジャパン リジョン 14位   
バーマン キツン 世界ランキング 5位に!
グランド目指してショーイングしていたラファエルも 2015年10月 お星様になってしまいました





2015年7月 ニュージーランドから来た2匹のブリードタイプ☆エンジェルが 
ブルー♂ シール♀ ライラック♂を出産
ライラック♂に 前年訪れた モン サン ミシェル大聖堂 大天使ミカエル のお名前を頂き 
グランド目指してショーイング
ジャッジトレーニーのプログラムで ショーイングして頂くラッキーに恵まれ 生後9ヵ月でグランド達成
CFA 2015-2016 show season BIRMAN LILAC POINT BEST COLOR in NATIONALLY に
CFA 2016-2017 show season JAPAN REGION CHANPION SHIP REGIONAL WINNER
            BIRMAN LILAC POINT BEST COLOR in NATIONALLY  2年連続頂きました






ミカエルくんは 2017年版 日本と世界の猫カタログ バーマンページに大きく載せて頂きました



※ 2017年版 日本と世界の猫カタログ バーマンページより転載


SoulmateDoll Birman 伝説は これからも きっと 続いて行くのでしょう








私の人生に 大きな影響を与えた 9月11日

今年は 穏やかな1日でした (=^・^=)/







2つのランキングに参加しています。
↓幸運を運ぶ☆バーマン子猫を1クリックで 幸運の御裾分け♪

ブログランキング・にほんブログ村 へ 


Secret

TrackBackURL
→http://soulmatedoll.blog.fc2.com/tb.php/164-03a6e61f