FC2ブログ
メッセージの子猫 ディーバ カイラスは 初めての子猫で甘やかして育てたので わがままプリンセス

バカルディの 初めての子猫を妊娠&出産したのは 1歳になって スグ


ディーバカイラス



母親になっても まだまだ子猫 遊びたい・・・赤ちゃんに母乳をあげると 赤ちゃんの下の世話もそこそこに

「お母さん 後お願いね  ちょっと 遊びに行ってくるから♪」って 兄猫デュークと遊びに行っちゃうんです

人間で言えば10代のヤンママ・・・仕方ないかも・・・と 一生懸命子猫のお世話をしてました

カプリスも そうなんですが 我家の母猫達は 他の猫や人間が 赤ちゃん猫に触っても 警戒しないのです

全員 無事に育ち 新しいお家にお引越ししていきました


毎年 こういう感じだったのですが 2010年 3月 ディーバカイラスは 1匹だけ 子猫を生みました

この年は 最悪の年でした

6月 最年長猫アムルが9歳にして 初めてバカルディの子猫を妊娠 年齢が年齢なので大事をとって

帝王切開で出産したのですが 3頭全員死亡

同月 カプリスが5匹の子猫を早朝出産 夕方 哺乳の後 全頭が ニャーみゃー と鳴き叫びながら

突然死  1匹だけ残っていた子も 翌朝死亡



もう ブリード無理・・・と 本当に 凹みましたが ディーバ カイラスの可愛い子猫が癒してくれたのです

「もう1回 子猫生んでくれる?」と聞くと「ウン いいよ」って お返事してくれたので 普通はしないのですが

スグにブリードし 妊娠してくれたのです



8匹の子猫 全てを亡くしたショックは大きかったので 妊娠中のディーバ カイラスは いつも私の傍に

8月に入り いつ生まれていいように 準備万端整えて その日を待っていました


明け方 寝ている私の耳元で 猫の荒い息使いが聞こえ 飛び起きると 出産の兆し・・・

それから 数分の後 仮死状態の子猫が生まれて来ました・・・また 亡くなったら もう立ち直れない・・・

スグに母が手伝いに来てくれて 仮死状態の子猫は 母の手の中で温められましたが 動かないまま・・・

30分も経った頃でしょうか・・・母猫の出産の後始末も終わり 落ち着いたと同じ頃 母の手の中で子猫が

動き始めたのです

それを見た 母猫ディーバ カイラスは 子猫をくわえて 自分のベッドの中に連れて行きました

母猫が世話をし始めたら 一安心です




ヘブンスター子猫1





ヤンキースターは ニューヨーク州で 8月14日に生まれました   時差を考えると 日本時間 8月15日

この日は 私の初めてのバーマン ヤンキースターのお誕生日と同じ日 8月15日なのです

ヤンキースター 転生の瞬間でした




この子猫 生後1週間で 四肢に綺麗なソックスが出てきたのです

通常 1ヶ月経って ようやく判別できるって感じなのですが こんなに早く判明したコトも驚きでした

ヤンキースターにちなんで ヘブン スター (Heaven Star) と命名  呼び名は スター♪

そうるめいと どーる    5回目の奇跡!  最大の奇跡です!


ヘブンスター




ヤンキースターの遺言を叶えるため この子が生後5ヵ月の時 一緒に海を渡り アメリカに行ったのです

その時 一緒に海を渡ったのが エナジー・ムーン    ラファエルの祖母猫です



ランキングに参加しています。
↓本日も1クリックよろしくお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村 猫ブログへ






Secret

TrackBackURL
→http://soulmatedoll.blog.fc2.com/tb.php/7-b1d8b576